データエンティティとページデザイナの新しい外観

AgilePoint NX V8.0では、プラットフォーム全体のUIとUXを最初から再設計するツアーを始めました。リリース V8.0 SU1は、この素晴らしいツアーの集大成です。 本日は、アップグレードされたページデザイナとデータエンティティのエクスペリエンスをお届けできることを大変嬉しく思います。

ページビルダーとデータエンティティモジュールは何年も前に構築された他のモジュールと比較してかなり新しいため、この2つのモジュールを最後にアップグレードすることを優先しました。ページビルダーモジュールの最初のコンポーネントは、このモジュールのホームページです。 リリース V8.0では、このページの一部のみが新しいUX / UIガイドラインに従って再設計されました。ご覧のとおり、完成したページは、プラットフォーム内の他のモジュールと歩調を合わせて、モダンでさわやかなルックアンドフィールを備えています。 また、ダッシュボードにいくつかの調整が加えられていることも確認できます。

ページデザイナ自体は、UIが完全に更新されました。 ツールバーは、プラットフォームの他の部分のツールバーと一致するようになりました。 ページの基本構造は同じままですが、使いやすさを向上させるために微調整が行われました。ポータルメニューデザイナもUIが刷新されました。ライブラリページは視覚的に非常に魅力的になっています。このページとゴミ箱ページの両方で、コンポーネント(CSS、画像、JS、メニュー)を簡単に識別できます。

データエンティティに移ると、このモジュールのホームページがよりカラフルで、製品の他の部分のUIテーマと一致していることがわかります。 これには、フォント・色・スタイル・要素間の間隔が含まれます。

データエンティティページのルックアンドフィールは、他のモジュールと連携するようになりました。 エンティティページ内では、レイアウトがモダンな雰囲気にアップグレードされています。エンティティ・ページと同様にピックリストページには、同様のライン上のUIの更新を受けました。 マイナーUIの更新もセキュリティページに適用され、製品の他の部分全体のタイルスタイルに一致します。

これらの変更を体験するには、以下のビデオをご覧ください。 (動画の音声は英語です)



コメント